前へ
次へ

ワキガ治療には方向性があるのですが

ワキガと多汗症というのは似ているようでいて、実は汗腺が違う事になります。
アポクリン腺からワキガが発生することになります。
多汗症の原因となるのがエクリン腺となります。
ワキガ治療というのは、このアポリンク線にアプローチする、というのがまずは大事なことになります。
具体的にいいますと切開です。
切開をしてアポクリン腺を切除します。
こうしますと当然、そこからでる汗がなくなりますから、基本的には改善することになります。
但し、ワキガといえば腋からということになりますが、耳の裏などにもアポクリン腺がありますからそちらから出てしまう事がありますから、これは注意しておきましょう。
しかしながら、これが最も確実に改善できる方法になります。
ワキガ治療では別に内服薬などもありますから、必ずしも外科的な手術をしないといけないというわけではありませんから、それは心配することはないです。
割と選択肢はたくさんありますから検討してみましょう。

Page Top